本文へスキップ

バー開業とバー経営の教材「バー開業とバー経営バイブル」で、老舗バーがバー開業とバー経営をサポートする理由

電話でのお問い合わせは082-241-7283

〒730-0027 広島市中区薬研堀1−10

老舗バーが、バー開業とバー経営をサポートする理由

バー開業教材は、たっぷり、18時間の動画で、バー開業レベルまで、自宅で学べます。

  1. バーテンダー&バー開業・カクテルマスターFIZZ
  2. バー開業専門アドバイザー(バー開業〜バー経営)

  3. 老舗バーが、バー開業とバー経営をサポートする理由
バーテンダー&バー開業教材が、バー開業に有利な理由とは?

※FIZZ独自の調査によるものですが、バーテンダー&バー開業の動画DVD教材で、全11巻もあるものは弊店だけです。しかも、9年以上、毎月売れ続け、全国46県に到達した実績を持つのも弊店だけと、自信をもって断言できます。




バー開業とバー経営に必要なこと

バーテンダー&バー開業のためのDVDとCD教材「バー開業バイブル&バー経営バイブル・全20巻」を制作し、バー開業とバー経営のアドバイスをしてきた「FIZZ」運営者の、細田信治です。このページで、私が、個人店の応援を始めたきっかけなどをお話します。

バー開業・・・よくある失敗のパターン

毎日のニュース、ビジネス本などに、不景気感の漂う時代。いつ、会社をリストラになるか?会社自体がなくなるか?あるいは、いつになったら、就職できるのか?悩みの多い時代です。

それなら、いっそ、自分で、ビジネスを始めてみようか?いや、始めざるを得ない!そう考える方も、増えてきたようです。ただ、自分には、特殊な知識・技術がない!何か、簡単に、始める事ができるものはないか???

そこで、ふと、気付くのが、バー開業。大して技術も必要なさそうだし、好きな酒と音楽に囲まれて、おしゃれなカフェやバーでもすれば、人脈もあるし人生開けるかも!そんなに稼がなくても、家族で、のんびり生活できるぐらいで十分だし・・・・・・こんな思いで、バーを開業したところ、オープンまもなく閑古鳥!

バーを開業して、失敗する、典型的なパターンです。

バー開業、バー経営に必要な3要素

バーを開業し、バーを経営していくには、最低次のようなものが必要です。

  • ドリンクに関する知識と技術・・・特にカクテルに関して
  • 接客サービスに関するノウハウ・・特に接客的会話術について
  • 経営に関する判断基準・・・・・・物の見方や考え方

こうしたバー経営に必要なノウハウを習得してから、バーを開業するのであれば、弊店のように、何十年にわたって、バー経営を続けていくことも可能です。

57年以上続く老舗バーのノウハウの集大成が、バー開業とバー経営バイブルです



バー開業とバー経営の教材を作成した理由

バー開業とバー経営のノウハウに、潜在的ニーズの強さを実感

ここ数年、検索サイトで「バー開業」「バー経営」「バーテンダースクール」「カクテル教室」などのキーワードで検索すると、弊店のさまざまなサイトが、上位に掲載されるようになりました。

そのせいもあって、全国からさまざまな問い合わせを頂くようになり、なかでも特に、バー開業の方法といった独立に関するアドバイスや、現在店を運営されている方からのスキルアップや、経営の改善点に関するアドバイスなどの相談を多く頂くようになりました。バー開業の出張セミナーを開催して欲しいという要望など、ニーズの強さも実感しているのですが、私自身に、時間的余裕がないこともあり、遠方の方には、簡単な説明のみで、大半お断りをさせて頂いてまいりました。

57年以上続く老舗バーを経営している私の、この世での使命とは?

しかし、昔からよく考える事の多いテーマですが、ここ数年、あらためて「私のこの世での使命とは?」と考えるようになり、過去に起こった出来事が、全て必然・必要・ベストと考える(経営コンサルタントで有名な、故船井幸雄氏はじめ多くの識者の見解による)のであれば、私がしなければならない事は、飲食店=水商売=いい加減な商売という、歪んだ偏見を打破し、「いかに大勢の人を幸せにするビジネスであるか!」という事を広く認知してもらう事ではないのか?

また、「接客やサービスが人間をいかに成長させるか!」、さらに「個人による飲食店経営が、いかにエネルギッシュに充実した人生を歩む経験ができるか!」という事を、志のある方に伝えることなのではないか?という想いが強くなってきたからなのです。

失われた十年と呼ばれ、大勢の飲食店が消えた夜の街も、一時的には、活気を取り戻し、全国の主要都市でも、歓楽街を安全・健全に楽しく過ごせるところにしようと気運が高まりました。

そんな気運も、つかの間。

2012年末まで、全国的に、重ぐるしいほどの暗い雰囲気が漂っていました。

2013年〜2014年、ようやく、「アベノミクス」といわれ、少し、回復の兆しが見えてはいますが・・・まだまだ、日本の景気は、堅調ではありません。確かに、高度経済成長の頃のような好景気に戻る事は、ここしばらくはないのは事実ですし、相変わらず、厳しい時代が続くでしょう。

それでも、・・・人が、安らぎや癒しを求めるのは当たり前で、バーなど飲食店に足を運ぶ人が、全くいなくなることは、絶対にありません。但し、これまでのような、いいかげんな飲み物を出したり、アマチュアの接客会話が通用する時代は、終わったということです。

だからこそ、今こそ、以前から私がお話していたような、熱い情熱をもった方に、私(当バー)の、これまでの経験や知識を知って頂き、そういう情熱的な経営者の方が増えていき、大勢の方が、ホッとし楽しめる憩いのバーを増やすことが必要なのだと、考えているのです。

バー経営の現場を知らない、飲食の経営コンサルタント

あまりに現場を知らないコンサルタントが多く、困ったものだ!と思ったのも、私が、バー開業やバーテンダー育成の教材を作成しようと思った理由でもあります。

大半の方が、飲食物を扱うメーカーや大手飲食チェーン店に勤めた経験をウリにするコンサルタントで、立地条件だとか、内装のポイントだとか、スタッフシフトの組み方だとか、そういったことをバー開業やバー経営におけるコンサルティングの全てだと勘違いしている方ばかりで、本当に困ったものなんです。

もちろん、これらも必要な知識の一部ではありますが、それは、大手企業の役職者クラスのポジションの方が行う職務であり、個人でバーを開業し、経営していこうとしている方に対する最も重要なアドバイスとは違うのです。

現場で、例えば、1人でバーを切り盛りした経験からくる、にじみ出るような経験者の語るコンサルティングではないんです。あまりに綺麗過ぎるものは、バー経営など、飲食の世界で通用するノウハウではありません。そこには、人間臭さともいえるものが必要だと思います。

・・・にもかかわらず、独立を夢見る方がとる大半の行動が、メーカー主導のカクテルスクールや、ちまたのカクテル教室、あるいは、バーテンダースクールなどで勉強し、さらにメーカー主導の品揃えでバーを開業するなど、誰もが同じ方法で、バーを開業し、経営が、うまくいくわけがないのに、同じ行動をとっているのが現状でしょう。

そして、最近では、私のバー開業教材が成長するのをみて、わずか20年さえバー経営の経験もない人が、バー開業セミナーを開いたり、カクテルの教材を販売したりしています。私からすれば、全く、価値のない無駄なセミナーや教材です。

大企業やチェーン店に対抗して、個人のバーを経営していくには?

ここ数年、大企業でさえ、いつ倒産するかわからず、競争が熾烈になったこともあり、数年前は、M&Aの話題でもちきりになった時期もありました。例えば、「フルラインの流通グループ」といったものも誕生しました。こうした事が、今後、さらに加速していくのは自明の利で、飲食業界でも淘汰の嵐が加速し、大規模な飲食店グループが、地方にも、どんどん進出し、その資本力で、勝負を挑んでくることでしょう。

さらに、飲食店舗の経営形態を多様化させ、あらゆる顧客ターゲットに対応できる店舗展開をしていこうという大手企業もあります。

こうした中、小規模な、個人経営のバーでは、「安売り」で対抗しようなどという方はいないはずなのですが、未だに相変わらずの悪循環からぬけだせない店も多く、こうした大手資本とは一線を画したバーの経営戦略が必要な事を理解して頂きたいのです。

一つ例を挙げれば、世の中には、大手ではなく、小規模店を大事にしたい人もいる!というカンタンなことだったりするのですが・・・こうした経営学もお伝えしたいと思っています。

最悪の条件で、バーを経営していくための方法について!

最悪のロケーション、内装もイマイチ、サービスは行き届かず、さらに価格で対抗なんて絶対無理!・・・こういう条件の個人経営のバーや飲食店が大半のはずなんです。これにあてはまらない方々は、本来、コンサルティングなど必要なく、このうちの一つでも満足させられるのであれば簡単なはずで、それを分厚い分析書類を作成し、コンサルティングと称するなど、論外だと思うのです。

お客様が、不満足だからこそ満足する?といった、常識はずれなことから、経営を考えていくのが本来の姿だと考えているのですが・・・・・。

私がバーなど、飲食店をチェーン展開しなかった理由!

創業から57年以上にもなれば、当然、人材が育ち、店をまかせてもいいと思うレベルの人材があふれるほど大勢おり、かつ資金面でも充分に恵まれるという状況になった事も何度もあります。

また、利益を追求するためには、さまざまな形態の飲食店を展開する必要性も充分に認識し、それでもチェーン展開しなかった理由は、ひとつには、私自身が現場が好きで、当店にいらして下さるお客様が大好きで、これ以上忙しくなったら、その方たちと接する機会が減ってしまうと思っていた事が、理由のひとつです。

もう一つは、できるなら、私が想う(理想とする)バーの形態を自ら考案し、それを志と情熱のある方・・・すなわち個人でのバー経営を目指す方に伝える事ができれば、素敵なバーが全国に広がっていき、より多くの人のためになり、社会にも貢献できるのでは?と考えていたからです。社会貢献に何故こだわるか?については、プロフィールを是非ご覧下さい。

規模の拡大やチェーン展開の場合では、素晴らしい素質や情熱のある人材が巣立っていかないようにしているか、経営者としての素質が磨かれる前に必ず巣立っていくようにしてあるかのどちらかです。

また、現場でも、人間力を高めた経営者自らの接客が、隅々まで行き届くわけではなく、最高でも、経営者一歩手前の状況の人材が1人でもいればマシな方!という状況で、やはり磨きに磨かれた少数精鋭の個人店のような経営はできないんです。

さらに、スタッフが多くなればなるほど、かなりシステム化しないとできない事が多く、やむをえず個性を殺させ、人間力の成長をストップするような仕組み=マニュアル化という事になってしまうんです。

人間力によるカフェやバーの経営!

やはり、もともと経営者を育てる方法と優秀なスタッフを育てる方法とでは、いろいろな部分で違ってくるわけで、そのことを考えるのであれば、最初から、経営者を育てるような仕組みを作り出す事ができないだろうか?という大それた事を、自分自身が、まだまだ全く頼りない駆け出しの頃から考えていたのです。

その人の個性を生かした「人間力によるカフェやバー」で、お客様とともに成長する、何十年も続く店が、全国に広がっていって欲しいと思うのです。経営者や、それを支えるスタッフと、お客様との距離ができるだけ近い、本当の意味で「ふれあいと癒し」のある店が増えれば!と思うのです。

それには、あまり大規模にチェーン展開したり、フランチャイズで運営されるものではなく、あくまで個人で経営し、もしくは目の届く範囲内での経営をされている会社の経営者でなければ無理なんです。

バーの経営とは、究極は人間学です。これ無くして店の存続はありえません。当店が57年以上にわたって存続してきた哲学を吸収し、さらに後世に伝えて頂きたい究極の志を磨いて頂きたいのです。

今でも、まだまだ私自身、発展途上中ですが、これは墓場に行くまで続く修行なので、その修行をできるだけ大勢の方と、それも飲食業−特にバーの経営に魅力を感じている方達と一緒にする事ができれば!!という想いで、とうとうバー開業や、バーテンダーの育成、バー経営に関する膨大な教材を作成したのです。まあ、私をご存知の方であれば分かると思いますが、100%マイペースの人間ですので・・・(笑)

バー開業など、無料セミナーを開催しない理由!

では、何故、無料のセミナーでも開催しないのか?と思われるかもしれませんが、無料で手に入るものは、ほんの少しのモチベーションを引き出すために使われるものであり、手に入れた人自身の骨身にしみていくレベルのものは何一つなく、本人にも絶対に吸収しようという情熱がわいてくるものではないからです。

真剣に、独立してバーを開業する!、あるいは、経営している飲食店の経営改善を望み、志を高くもつことのできる方でなければ、吸収できないものなのです。

そして、そういう方だけを対象にするのでなければ、中途半端なセミナー(講座、教材など)となってしまい、常に全力で生きている私自身と、同じく全力で生きておられる方々の両方の貴重な時間を無為にしてしまうからです。

これまでお話した経緯をふまえたうえで、数年の歳月をかけ、私の全精力を傾けて作成したのが「バー開業バイブル」と「バー経営バイブル」なのです。